40代から始めたい!乳酸菌で腸の老化防止を!

40代辺りから便秘しやすくなったとか、便秘がさらにひどくなったと悩む人が増えてきます。
年齢と共に腸内環境を悪化しやすくなりますから、乳酸菌をしっかり取って腸内環境を整えてあげないといけません。

ホルモンバランスの崩れによる便秘

更年期へと近づいていく40代は、ホルモンバランスの崩れが起きやすくなるんです。
生理になると、決まって便秘なるのもホルモンバランスの崩れによるものですね。
腸のぜん動運動を活性化していたホルモンが減ってしまって、便を排出しにくくなります。
腸の活動を高めてあげるには乳酸菌を補って、腸のぜん動運動を促してあげるのが重要ですね。
生活習慣にも気を配って、ホルモンバランスができるだけ崩れないように気をつけましょう。

腸内環境が悪化しやすい

腸も年齢と共に衰えが進み始め、40代になると腸内環境が悪化しやすくなります。
善玉菌が減りやすくなって悪玉菌が増えやすくなり、便秘になりやすくなるんです。
腸の中の善玉菌を増やしてあげれば腸の衰えも防ぐことができますから、乳酸菌をしっかり取り入れていくことが重要なんですね。
乳酸菌は腸の中で善玉菌として働いてくれますから、40代からは意識的に毎日取るのが効果的なんです。
ヨーグルトや発酵食品などを取り入れて、元気な乳酸菌を毎日腸に送り込んであげましょう。

乳酸菌サプリメントのメリット

ヨーグルトなどの発酵食品が苦手だったり、毎日乳酸菌を食品だけで補うのは難しいという人もいますよね。
そんな時には乳酸菌サプリメントを活用しましょう。
水で飲むだけなのでとても便利ですし、生きたまま腸まで届くタイプが多いですから効果にも期待できます。
腸内環境の改善に役立ってくれますから、辛い便秘も解消しやすくなりますね。

乳酸菌サプリ おすすめ

40代から始めたい乳酸菌生活

便秘の悩みだけでなく、40代からは腸の衰えもどんどん進んでしまいます。
腸内環境を整えてベストな体でいるためにも、40代からは毎日の生活に乳酸菌を取り入れましょう。
肥満防止や体の免疫力アップにも役立ってくれて、健康な毎日をサポートしてくれます。

家族に喜んでもらえる料理を作れるようになるために

結婚して自分で食事を作るようになるまで、ほとんど料理をしたことがないという人もいるかもしれません。
料理が苦手で、実家の母親に任せっきりだったり、外食ばかりの食生活だとそうなりやすいものです。

しかし、結婚を機に、自分で食事を作らなければならなくなった場合でも、料理が作れるように準備していきたいものです。

料理の基本をマスターする

ネットや雑誌、あるいは書籍などで料理の基本が書かれているものをさんこうにして、まずは料理の基本を一つずつ覚えて行きましょう。
料理の基本を押さえておくことで、そこからレパートリーを増やして言うことができます。

食材はそれぞれ癖や性格があります。
それを知っておくことで、それらを活かした料理を作れるようになります。

癖や性格を考えずに料理してしまうと、食感が悪くなったり、味が美味しくできなくなってしまう可能性があります。

また、食材同士や調味料との相性もあります。
それらも含めて、少しずつ覚えていくことで、応用のレパートリーも増やしやすくなります。

料理教室へ通う

自己流で料理を勉強していっても、疑問や不明な点が出てくると思います。
そのような時に、身近に料理について教えてくれる人がいれば良いですが、必ずしもそのような環境だとも限りません。

そこで料理教室に通いながら、料理をマスターしていくのも良い方法です。
疑問な点があれば、先生にすぐに聞くことができます。

初心者にオススメの料理教室

また、独学では見えなかった料理の味や世界が見えてくるでしょう。
さらに生徒同士で料理の話をすることで、料理への興味も湧いてきます。

初めて作る料理は失敗してしまうかもしれません。
しかし、それを乗り越えてこそ、料理は上達していきます。

まとめ

料理の基本をマスターできたら、今度は家族が好む料理を作れるようになりたいものです。
もちろん、健康面を考えて、栄養のバランスを考えたメニューが好ましいです。

料理はすぐに上達するものではありません。

【格安】参加費1000円!?企業が開催のお得な【料理教室、パン教室、クッキングスクール】まとめ – NAVER まとめ

少しずつ自分ができる料理のレパートリーを増やしていくことで、いつの間にかたくさんの美味しい料理を作れるようになるものです。n

バストアップのために普段意識して食べているもの

バストアップに効果があるという情報として私が一番初めに知ったのはザクロでした。

高校生のときにザクロエキスのジュースを購入して飲んでみましたが、やはり1か月ほどの短期間では何も効果は感じられませんでしたが、継続して飲むと効果があるのかもしれません。

またザクロは高価なので薄めた数パーセントのジュースなどもありますが、それでは成分が薄いのでしっかり100%のものを取り寄せて飲んでみると効果があるのかなと期待しています。

また豆乳に含まれるイソフラボンの成分はホルモンバランスを整える効果があると言われているので、一時一年間ほど飲んでいました。

その頃は心なしかほんの少しだけバストアップしたような気がした時期もありましたが、生理のサイクルが少し短くなってきたのが気になりました。

無調整豆乳の方が効果がでるという情報も見ましたが、無調整豆乳は味が独特だったのでわたしは調整豆乳で試しましたが、効果は感じられたのであまり関係ないのかなと思っています。

現在はタンパク質が胸の細胞を作るのに役立つという事で鳥のささみなど脂肪分の少ないものを選んで積極的に摂るように心がけています。

またバストアップと共にアンチエイジングにも同時に役立つというローストアーモンドも一日10粒ほど食べるようにしています。

バストアップを期待してキャンディというサプリを試したが

バストアップに効果があるキャンディというのを以前購入して試したことあります。

一日1,2粒一か月ほど継続をして食べるだけでバストアップ効果が期待できるというものでしたが、正直まったく効果は感じられませんでした。

今考えてみると飴をなめてバストアップというのはかなり無理があるなと思いますが、思春期にとにかく藁にもすがる思いだった時には飛びついてしまいました。

価格も何千円と、飴にしてはとても高価でした。

また他にもバストアップに効果的なサプリメントやドリンクなどが数多く販売されていますが、基本的にはあまり効果は期待できないのではないかなと感じています。

サプリを飲んでバストが大きくなるとしたらそれはホルモンに影響するもの、ということだと思いますし、そう考えると本当に効果が出せるものだとしても安易に手をだすと生理に影響したり、更年期になって不調が増したりする可能性もあるのかなと怖くてあまりサプリには手が出せずにいます。

もしその辺りのリスクをおかしてもサプリを摂取するのであれば、一番胸も含め体が成長するといわれている夜の10時から夜中2時に効果を発揮させるために、寝る前にサプリを飲むのが一番効果が得られるのではないかなと想像しています。

胸が小さい原因は遺伝だと思う理由

確実に一番の原因は遺伝だと思います。

私の場合は母も姉も胸が小さく、さらには祖母も胸が小さいので確実に遺伝によるものだと思います。

また同じように胸の小さい友人に聞いてみても、お姉ちゃんも胸が小さいとか、胸の大きい友達はお母さんも胸が大きいという事がほとんどなので、遺伝による要素はとても大きいと思います。

また生活習慣だと、胸が大きくなる成長時間帯といわれる夜10時から夜中2時の間、4時間すべてを寝ているということはほとんどなく、昔からだいたい床に就くのは0時前後だったのでそれも影響しているかもしれません。

ブラジャーを寝ている間に付けないほうがいいという説とつけたほうがいいという説があり、どちらもやってみましたが特に変化はなく、結局着けずに20年以上過ごしているので、もし着け続けていたら大きくなったのかもしれません。

またそれ以外では、胸を大きくしたいと筋トレやバストアップグッズなど色々な方法を試してみましたが、効果がないと1か月も続かずにやめてしまう飽き性だったので、もしかして何か1つでも半年や一年など長いスパンで続けられていたら、バストアップに成功していたのかもしれないという思いがあります。