胸が小さい悩みを解消するべく試したいバストアップ方法

同じくらいの年齢の友人の胸が膨らみだす小学校の高学年頃から、身体測定で下着姿になることや、水泳の時間に水着に着替えるのがとても恥ずかしいと思いました。

中学校は女子校だったので少しマシでしたが、小学校や中学校の水泳の授業中で着用する水着にはパットなどは入れられなかったので、胸が小さいのがあからさまでとても嫌な時間だったのを覚えています。

Unsplash / Pixabay

また高校生になり異性を意識するようになると、男の子は胸が小さい人は嫌いだろうなぁと漠然と考えて、なんとか少しでも胸を大きくしたいと筋トレをしたり、お小遣いをためてバストアップグッズを購入して使用したりしましたが、特に効果はありませんでした。

大学生になり私服で通学するようになると、洋服をスタイルよく着こすなすのが難しくかんじました。
体の線がしっかりでるようなぴったりしたTシャツなどを着る場合、自分の胸のサイズにあったブラジャーを着用するとあまりにぺったんこで恰好が悪く、分厚いパットなどが入っているブラジャーを付けて胸が小さいことをごまかそうとすると胸のあたりだけ飛び出てしまい、とても不自然になってしまうので余計に恥ずかしかったです。

また分厚いパットが入ったブラジャーを着用しているときに、何かのはずみで友人の手が胸にあたった時に「かたっ」と言われたりしたのもとても恥ずかしかったです。

また友人とプールなどに遊びに行くときに、ワンピースよりもビキニのほうが胸が小さいのをごまかせるという情報をきいて思い切ってビキニを買い、パットをいれてきていきましたが、波の出るプールや流れるプールの水流でパットが出てきてしまい顔から火が出そうになったこともありました。

社会人になり実際に恋愛をするようになると、知り合った段階で「この人は胸の大きい女の人がすきかな。
胸が小さいことをしったら嫌になるかな」と不安な気持ちをいつも持っていました。
急にがっかりされないように、付き合い始めたらすぐに自分で「実は胸が小さいんだ」と先に伝えて予防線をはったりしていました。

バストアップのために

今一番興味があるのは筋トレと胸を大きくするバストアップサプリです。

バストアップに繋がる原理として納得ができるのは、大胸筋を鍛えて胸のサイズをあげるというものなので、もし本気で毎日継続して筋トレを行えば効果が出るのかもしれないと期待ができるからです。

また筋トレに合わせてマッサージも期待できるのかなと思っています。

以前テレビで見た、おっぱいマッサージというのはしっかり時間をかけて正しい方向に正しい力加減でマッサージをすることで、たったの一回でもサイズアップを実感できるという方法があるようなのでそれを継続していけばバストアップも実現できるのではないかと興味をもっています。

費用はかかりますが、エステのバストアップコースなどでプロの人にマッサージをお願いするのも、更に効果が期待できるのかなと思いますが、なかなか金額が高いので申し込むことができずに今に至ります。

豊胸手術は、とにかく胸を大きくしたいと思っていた高校生の頃は興味がありましたが、どこが信頼できる病院なのかなどが分かりづらかったり、もし知られたときに胸が小さいことよりも恥ずかしい気がしますし、今は子供もできて授乳などに影響があったり将来どうなるかわからないという負の部分の影響が未知で怖いので、今は興味はあまりなくなりました。